より よく 生きる

よりよく生きるために

より よく・エシカル

ethical(エシカル)という言葉をご存じだろうか。

最近はSDGsなどが広がってきた関係で、エシカルもトレンドワードになってきているように感じる。今回は以前書いた記事を元にその後更新された情報を交えつつ、綴りたいと思う。

 

まずエシカルとは、倫理的な・道徳的な などの意味を持つ言葉である。そういうとお堅くなってしまうので、「法律で決められているわけではないけれど、こうした方がいいと思っている物事」くらいの感覚でいいのではないだろうか。

例えばプラスチックゴミについて。当然便利なものであるので使うのには何ら問題ない。むしろプラスチック製を用いた方が良い場面も多い。ただ、過剰包装をさけて使用するというのは地球環境の面で言えば、ちょっといいこと になりえる。

 

2020年の9月からは無印良品の一部店舗では量り売りがスタートしている。個包装ではあるのだが、自分が必要としている量を自分で選んで購入することができるため、食べ切れなくて捨てるといったフードロスが減らせる。しかし残念ながら私の最寄りにある店舗では実践されていない…導入してほしい…。

ryohin-keikaku.jp

 また少しでもゴミを減らせるようにと、繰り返し使えるボトルも販売されている。ケースのみを購入し、あとは無料で詰めることが可能である。こちらは衛生面的にどうなのだろうかという疑問が残るのだが、こちらもいい取り組みだといえるのではないだろうか。

www.muji.com

他であればスターバックスコーヒーではタンブラーを持ち込みすると割引を受けることができるし、このように上げだしたらきりがない。

 

こんなふうに様々な企業が環境問題を考慮した商品を販売している。それが現在のトレンドなのではないだろうか。

 

私がエシカルに興味をもったきっかけになった本を紹介したい。  

ファストファッションはなぜ安い?

著者:伊藤和子

990円ジーンズがつくられるのはなぜ? 

著者:長田華子

 

この2冊は私たちの生活の中で流通しているファストファッションを中心に、「なぜその価格が可能なのか?その裏側は?」が綴られている。

 

考えてみてほしい。何故、こんなにも安く服が買えるのか。大量に製造することが可能なのか。その話に至るには私の過去について少し綴りたいと思う。

 

以前、「より よく・ミニマリスト」という記事でも書いたのだが、私は元マキシマリストな人間であり、汚部屋の中には大量の服が溢れかえっていた。特に大学生の頃がひどかったのだが「服は数を持っていなければいけない、そうでなければお洒落ではない」という強迫観念のようなものがあった。お金はないのでとにかく安くて、かつ他の人がもっていなさそうな服を求めていた。ベーシックな服は合わないと、着回しの効かない特殊なものばかり着ていた。それは逆に着る服の幅を狭めて、大量の服があるのに着るものがないという状況に陥っていた。

 

それからしばらくして断捨離をはじめ、クローゼットの中に全ての服が収まる生活を送っている。

ふと断捨離後のクローゼットを見直して気付いたのは、あれほど持っていたファストファッションがほとんど処分されていたということだった。何故だろうか?

安かろう悪かろうという話ではない。私のクローゼットの中には必要としているものだけが収納されている。そこまで高価なブランドではないが、それでもお気に入りのショップで購入した無地のワンピースやブラウス、柄があっても自然な花柄やドット柄におさまっていた。使いまわしのきかない奇抜な服やファストファッションで買った思い入れのない服は処分の対象だったのだ。

 

そこでさらに考えた。なぜファストファッションに思い入れを持てなかったのだろうか。買い方に問題があるのだろうか?ファストファッションを購入する際、どれくらい考えて購入しているだろうか。

今もっている服に似た物はないか。どの服にあわせたらいいだろうか。どこに収納すればよいであろうか。この服はいったい何年くらい使い続けることができるだろうか。そこまで考えて購入したものであっただろうか。

残念ながら私はそうではなく、デザインと値段をみて大丈夫そうであれば試着をすることもなく、買い物かごにポイポイと入れ、レジを済ませていた。実際に洗濯して袖を通してみると思っていた形、ニュアンスとは違い、着る気になれず、クローゼットの中にしまい込まれ、ブラックホールの一部となる。あげくほとんど使うこともなくリサイクルショップ行になるのだ。

 

逆にお気に入りのショップではどうだろうか。

まずどういった形や色が欲しいかをイメージしながらショップをまわり、これ というものを探す。イメージに近いそれを鏡で合わせ、試着する。鏡に映る自分を確認して、袖や裾の長さ、体形にあっているかなどを確認する。ショップ店員にお世辞を頂きながらも考え、コーディネートなどを相談する。自分が持っているものに似た服を合わせてみて、使えそうかを確認し、問題なければ購入する。

そして実際に着用するときは、イメージ通りの自分が目の前に現れるので、それが1つの定番になる。私は気に入れば飽きるまでそれを着続けるタイプなので、使いつくしてから処分することになるのだが、柄が気に入っていれば布として再利用することもあるので、もとは十分にとれている自信がある。

 

断捨離後しばらくの間、ファストファッションとは距離をおいていたのだが、必要に応じて利用する日がやってきた。

店内の棚を物色しているとき、特価品として1000円~3000円くらいで商品が陳列されていた。

 

そこでやっと疑問になったのだ。何故この値段で店は利益がとれるのだろう?

私は鞄屋でアルバイトをしていたので、上代・下代…などの知識は少しだけある。ポーターは日本の職人さんが縫製・裁断の手を担っている。もちろん素材への料金もあるが…同じシリーズ、同じ料金の鞄が2つあるとする。それら2つの大きさが随分と違うことがある。それは小さい方が縫製が細かく、大きい方がシンプルなつくりであることが多い。要はどれだけ小さくても手間がかかるだけ値段があがるのだ。

しかし売値が1000円の商品だと、下代はいくらになるのだろうか。30~60%として300円~600円。そこから材料費、輸送費、その他もろもろを引いたとき、作り手にはいったいいくらの売り上げがあるのだろうか?そこで調べてみたのが上記の「ファストファッションはなぜ安い?」と「990円のジーンズがつくられるのはなぜ?」という2冊の本である。

 

現実は私が思っていたよりもずっと凄惨だった。

児童労働や劣悪な環境での長時間労働、しかし労働賃金はとてつもなく低い。労働者たちは馬車馬のごとく働かされるが、それに対する保障はなにもされていない環境である。

その上に私たちが喜ぶ「安い!」が成り立っているのだ。しかも私はその服をほとんど使うことなく、無駄にしてしまった。

 

4月24日は何の日かご存知だろうか?「ファッション・レボリューション・デー」として国際的に記念日としてひろまりつつある。

これは南アジア バングラディッシュで起こった凄惨な事件がきっかけである。2013年4月24日、ラナプラザというビルが倒壊したのだ。犠牲者の多くは生き埋めとなりその数は1130人、救助された数は2500人以上と言われており、その多くは低賃金で働かされていた女性や子どもたちだった。

しかしこのビルは突然、倒壊したわけではない。もともと5階建ての建物を8階まで増築しており、事件前日から建物にヒビが入っていたことのが確認されていたらしい。当然不安を訴える声があがる、しかし、雇用主たちは目先の利益を優先し、彼女たちに労働を強いたのである。

ここまでいうと「なら行かなければよかったのでは?」と思うかもしれないが、それはこの日本だから思えることなのではないだろうか。彼女たちが休みたいと言えば=クビになるということであり、バングラディッシュではそう簡単に次の雇用を見つけられるわけではない。その日、生きていく為に、家族を養うために、彼女たちは仕方なく労働をさせられ、その命を失った、もしくは生涯のこる傷を負った。

そしてそのビルでつくられていたものが世界的に有名なファストファッションなのだ。倒壊したビルから出てきたのは私たちでも知っているブランドのタグやラベルだったそうだ。

さらに、彼女たちへの賠償がほとんどされていないことも問題である。理由は下請けの下請けが依頼したのがそこ(ラナプラザビル)だっただけであって、我々には関係ない。問題は下請けにある。ということらしい。その後バッシングを受け、賠償に応じたブランドもあるが、そうではないブランドがあるのが現実なのだ。

 

何度でも言うが、その上に渡したちが喜ぶ「安い!」があるのだ。私たちが今、手に持っている商品の裏には「こういったこと」が起こっているかもしれないという現実を、私たちはもう少し、考えなければならない。ファッションレボリューションデーは二度とこのような事件を起こさないためにはどうすればいいか?を考える日である。

 

服を10年買わないって決めてみました

著者:どいかや

 

3冊目となるのがこちら。絵本作家としても有名な どいかやさんは衣類がどこからきて、どこへいくのかを知り、自分はたくさんの服に囲まれていることに気付く。これからは買うのではなく、これらを使いつくせないだろうか?という試みから始まったこの本。もちろん完全に買わないというわけではなく、靴下や下着などの消耗品は購入してよいというルールがあるが、スカートやトップス、そういったものを買わずにあるものを使い、リメイクして…と10年間を過ごされたらしい。

 

この本でどいかやさんが伝えたかったのは「買わない」ではなく「何を買うか」だったそうだ。服を買う時に、これは適正な価格なのか?この材料は地球に悪影響はないか?そういったことに目を向けてほしいということだった。

 

そこで出てくるのがエシカルである。

はじめてのエシカル

著者:末吉里花

 

冒頭にも述べた通り、 エシカルとは倫理的な・道徳的な などの意味を持つ言葉である。

その商品の値段は対等であり、制作にかかわった人達にきちんと払われているのか。地球環境に配慮した方法で素材が作られ、製造され、輸送されているのか。また、そういった背景を知るための透明性はあるのか。そういったことを1歩とまって考えてみようという本である。

ここまで言うと、とても大仰に聞こえてしまいそうなのだが、作中にもある通り、日本ほどエシカルがなじむ国もないのではないだろうか。日本には「もったいない」という決まり文句がある。何かにつけて「もったいない精神」は顔をだす。今や「もったいない」は世界共通語でもある。些細な「もったいない」を大切にしていくこともエシカルの1歩なのだ。

 

ちなみに著者である末吉里花さんは発刊当時はエシカル協会代表理事フリーアナウンサーという二足の草鞋を履いておられたらしい。しかも私が好きな「世界ふしぎ発見!」でミステリーハンターをされていたそうだ。彼女がこういったことに興味をもったのは、番組でキリマンジャロにのぼり消えゆく氷河を目の当たりにしたり、サハラ砂漠の消えゆくオアシスについてを聞いたことが始まりだったらしい。きっと実際に目に見て、音で聞いたことは文字で読むよりもダイレクトに脳に響いたことだろう。少しうらやましくもある。

 

どいかやさんの本でも、末吉さんの本でもそうなのだが、何も「買わないで」と言っているわけではない。「どこで買うかを考えよう」ということを伝えたいのだ。

 

今、広がりつつあるのが「フェアトレード」という考え方である。

エシカルに作られた商品をそれに見合った価格で購入しようということだ。最近では大手スーパーでも購入することができる。コーヒーや紅茶、チョコレートなどが多いだろうか。チョコレートの原材料であるカカオだがこれについても今読んでいる本があるので、これもまたいつか綴れればと思う。

 

身近なところでいうと、道の駅で購入する地産地消の野菜もエシカルである。環境に優しい農法を実践している農家を選び、購入することもエシカルだ。野菜などはポストハーベスト(防カビなど)やフードマイレージ(輸送コスト)が極力ないものを選ぶだけでも変わってくる。衣類ではオーガニックコットンを選ぶ、地域伝統の染め物を使うこともエシカルである。

 

作中で心にこんな言葉があった。 

”問題のある商品を買わないことで企業に働きかける運動を、不買(ボイコット)運動と言います。でも「バイコット」つまり、買って応援したり意思表示したりすること、エシカルの真髄だと私は思っています。だって私たちは日々、何らかの買い物をせざるを得ないのですから。” -p107

 

”何もしなければ、あなたは問題の一部になったことになる。でも、何かをすれば、あなたは問題を解決する動きの一部となる。人(の価値)は、何を言うかではなく、何をするかで決まるのだ。”  -p166 

 

これまで減らせるだけ減らし、自分にとってよりよい暮らしのため断捨離を続けてきた。これからは、自分にとってだけでなく環境やその商品の奥にいる誰かのことも考えて消費していきたいと思う。もちろん、コスト的に全てをそうすることはできないけれど、少しずつ変えていけることはできる。

 

私の好きな言葉にこんなものある。

生まれて10年は自分のことを

次の10年は家族のことを

二十歳になってから10年は生まれた くに のことを

30代では日本のことを

40代では世界のことを考えなさい。

うろ覚えではあるのだが、大河新選組で佐久馬象山がいっていたセリフである。ここでいう生まれたくに というのは国ではなく町や地方と考えてくれればいい。また当時と今では年齢の感覚も違うだろう。もっと年齢の感覚は凝縮してもいいのかもしれない。

 

私には何の力もない。経済力もなければ、人脈もない。だけど私は発信することができる。私なりの小さな声をあげることができる。そんなふうにエシカルをはじめていきたいと思う。

 

今あなたが着ているその服は誰がつくったものですか?