より よく 生きる

よりよく生きるために

本・invert

 

invert:(…を)逆にする、反対にする、転倒させる、(…を)転回させる

 

invert 城塚翡翠倒叙

著:相沢沙呼

 

何をいってもネタバレになってしまいそうで、読了ツイートができないというのがこの翡翠ちゃんシリーズ。以前読んだmediumの魅力に魅了されたので、今作も当然読んでみた。何をいってもネタバレになるのでご留意頂きたい。

 

まず最初に言いたいのは翡翠ちゃんが可愛いということである。とにかく可愛い。なにがなんでも可愛い。あれれ~、をここまで使いこなせるのは彼女かはたまた、見た目は子ども頭脳は大人の彼くらいだろう。

「相手をもっとも苛立たせる言葉は、あわわ、ではなく、はわわ、あらら、ではなく、あれれ、です」

という台詞に笑った。たしかに彼のあれれも絶妙にいらっとする。

はなしの流れとしては、「雲上の晴れ間」「泡沫の審判」「信用ならない目撃者」という3つの物語からなる1冊。そして倒叙ミステリ。最初に犯行シーンが描かれ、事故・自殺で処理されそうになる事件を翡翠ちゃんがこれは他殺であると推理し、犯人を追い詰めるという形である。途中現れる、「ちゃ~ら~ん」の件は、古畑任三郎氏の真似かと思っていたのだが、調べてみたところ刑事コロンボの「指輪の爪痕」を踏襲しているらしい。ミステリを読む・観るをしてこなかったので解らなかったが、もしかしたら他にもそういう種が仕込まれていたのだろうか。気になって仕方がない。

翡翠ちゃん(作者)はことあることに、読者にヒントを投げかける。それに対してどうしてなのか、を思考するのが楽しい。私の場合は見当違いな思考をめぐらせてお粗末な結果に至ってしまったのだが、それはそれで面白いのだ。思考することが楽しいのだから。

 

推理小説は、推理を楽しむよりも、驚くことが目的となって読まれているんじゃないでしょうか。以外な犯人に以外な結末。推理小説といいながら、驚きの犯人や以外な結末さえ示せば、探偵の論理なんてどうでもいいのです。そんなのに夢中なのは作者と一部のマニアだけ。犯人を当てたい人たちも、論理を組み立てたいわけじゃなくて、勘で察して当たった快感を得たいだけなのです。なんとなくわかったで済むのなら、探偵も警察も検事もいらないのに。」

あまり推理小説を読まないので、否定も肯定もできないのだが、たしかにそういうところはある気がする。ずっと以前だが「もしドラ」の岩崎さんも似たようなことを仰っていたような気がする。果ては 自分が驚くことができたから名作、簡単に犯人を当てられたからこれはつまらない もっと意外性を…という声まであがるのだから、とんでもない話である。スリルを楽しむのも良いが、途中経過や行間を読みたい。当たりもしない思考を繰り返し、そうだったのかぁとこれがフラグだったのかぁとページをさかのぼりなるほどと納得し、当たっていたときの そうだよね、やっぱりそうだよねと悦に浸るのが良いのに。当たっても外れてもそれはどうでもいいのだ。それまでのプロセスを楽しみたい。

 

と、言いつつも。今回の小説。1.2章はどちらかというと翡翠ちゃんについて深くキャラを印象づけ、3章でinvertさせるという構成であるので、ものすごい驚きが待っているわけである。作者のサービス精神だろうか、それとも反骨精神だろうか。

あまりアテにはしていないのだが、アマゾンの評価を観てみると「前作を越えられない」というものが多かった。果たしてそうだろうか…。驚きを求めているならば、そうかもしれないけれど、特に3章のロジックは個人的にとても好きなので、medium同様今作も楽しませてもらった。1.2章での翡翠ちゃんのあざとさというのは、自然体でいかにナチュラルであるか…1章ではむしろ濃いのではと思わせるくらいのあざとさが、どんどんと薄く感じるようになる。とくに3章はえらくボーイッシュなバリキャリの印象すら覚え、あぁ翡翠ちゃんに馴染んできたんだわと思ったところであの転回。あぁだまされた。そうだ、そうだよね。と言わざるを得ない。要は好き。

 

そういえば、3章の「双眼鏡」の件、あれも回収されていないがフラグなのだろうか。私の思い違いか…どうして「双眼鏡」でみたということを彼はしっていたのだろうか、彼女はみたとしか告げていないのに。あれ、私の勘違いだろうか。まぁそこはどうでもいいとして。

 

このままシリーズとして継続するのであれば、翡翠ちゃんの過去を少し観てみたいような、あぁでも謎は謎のままでいて…という不思議な気分でいる。

 

とにかく繰り返すが、翡翠ちゃんがかわいい。それに尽きる。